野菜価格暴落にビビる

どうも。参四郎です。

私は別に野菜が嫌いな訳ではないんですけど、現在給食以外ではほぼ野菜を食べてないんですよ。強いて言えばみそ汁に乾燥ワカメを足しているのとキムチを毎日食べるくらいですね。
そんな感じで普段から野菜を食べないし買わないので、野菜の価格なんて気にも留めてなかったんですけど・・・なんか値崩れがハンパないみたいですね。台風等の被害を免れて豊作であることと、コロナによる需要の低下が原因らしいのですが。

なんか大根一箱(14本入り)が10円にしかならないとか。箱代が100円掛かるので赤字ですって・・・ヤバ過ぎでしょ。ていうかダンボール箱が1つ100円って高過ぎるような気がするんですが。
葉物野菜なんかも軒並み値崩れしているようで、トラクターで白菜を潰している映像がニュースで流れていました。自分がその立場だったら耐えられんわ。手塩に掛けて育てた野菜を自らの手で潰すとか。
勿論、その手の野菜の廃棄の話なんかは昔からあったことですけど、畑を始めようとしている今の自分にとってはメッチャリアルに感じられるというか。

とりあえず来年からお試しで畑をやるつもりでいますが、それ以降のことは正直分からないです。農作物の現金化を目指すよりも自給自足的な方向性の方がいいのかな。とはいえ野菜ばっかり食う訳にもいかんし。サツマイモは美味しいけど、甘ったるくて毎日食べるには向かん。となればジャガイモか?ジャガイモが主食とか耐えられるのか?外人じゃないんだから(笑)。
煙草を自給自足できれば一番助かるんですけど、法的にそういう訳にもいかん。

どうしたものか現時点では結論は出ないですけど、どういう方向性で畑をやるのかをじっくりと考えたいと思います。

それではまた。


にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です