農業公社に行ってきた

どうも。参四郎です。

本日、連休2日目。
今日は畑の耕し作業を依頼するため農業公社に行ってきました。そもそも農業をしない人には「農業公社」なんて言われても全然ピンとこないですよね。私も全然知らんかったし。
ネットで調べると農業公社とは「農地の売買や貸借、農業従事者の育成や助成金交付などを行う公共企業体」のことらしいです。地域によって取扱業務が異なるのかもしれませんが、私の住んでいる地域の農業公社では農機具の貸し出しや農作業の請負業務も行っているようです。高額なトラクターを買っても燃料代や維持費が掛かると思うし、そもそもそんな頻繁に使うモノでもない。だったら農業公社にお願いして耕してもらった方がずっと経済的なんじゃないかな。

マップで場所を確認して出発。ナビを使わなくても行けそうな感じです。「この交差点を右折すればいいんだな」なんて感じで適当に車を走らせていたら・・・余裕で通り過ぎてしまった(笑)。曲がる所あったっけ?
マップを見ながら慎重に道を引き返して行くと・・・「こんな所入っていくの?」って感じの狭い道が正解のようです。
で、無事到着したんですけど・・・なんか思い描いてたのと違うな。狭い敷地にあるボロッちい建物がそれみたいです。入り口の前では職員と思われる人間が三人で立ち話しながら煙草を吸っていました。彼らに声を掛けて事務所の中へ。

職員の人に事情を説明して耕し作業を依頼。日程はまだ決まってないですけど、とりあえず引き受けてくれました。費用は作業時間20分につき3,000円くらいとのことでした。ウチの畑なら多分一時間も掛からないと思うので10,000円で収まると思われます。
問題は・・・

道路に面する畑の入り口からトラクターを入れられるかどうか。ちなみに私の軽自動車は通ることが出来ました。一応写真を見せたら「多分大丈夫」とのこと。
まあ無理なら木を切って入り口を広げますよ。

そんな感じでとりあえず私の農業計画も一歩前進しました。といっても畑を耕す算段がついただけですけどね。大変なのはこれからですな。仕事を辞めるまでの間に出来るだけ準備を進めていきたいと思っています。

それではまた。


にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です