休業要請を無視するパチ屋を調査した

どうも。参四郎です。

本日4月23日より、私の住む地域でも大体のパチンコ屋が休業に入りました。ただ一軒だけ、マトモに言うことを聞かないであろう店が近所にあるので様子を見に行った訳です。
PM1:00頃、某ボッタクリ店に到着。やっぱり営業してる。そこで見た光景とは・・・

!?

店の前のメイン駐車場が満車になっとる!
この店は客の信用を完全に失っている店で、普段の稼働率は1~2割程度です。平日の昼間に満車になるなんてあり得ないんですけどね。車のナンバーを見てみると大阪とか福井とか県外ナンバーがチラホラ見られます。
店内に入ってみると・・・まあ別に混雑してる訳ではないですけど、この店からしたら普段の2倍くらいの客が付いています。近隣の大型店が休業しているのを良いことに普段以上の利益を得ていると思われます。この野郎!

一発も打たずに退店。で、そこから車を走らせて休業の案内がなかった中小規模店を何軒か見て回りましたが、どこもちゃんと休業しているようです。偉い偉い。
さらに車を走らせると・・・某弱小パチンコ店が営業していたので入ってみました。が、さすがにショボ過ぎてここに客が流れて来るようなことはないみたいです。客数は6~7人くらいかな。
ていうか・・・

!?

なるほど。これが「ベニヤ板営業」ならぬ「紙張り営業」ですか。
スマホを弄ってるフリをしながらさりげなく撮影。この店のパチは低貸しがメインで4パチのシマは2つあったんですけど、その内の1つがこのような状態になっております。
・・・もう店畳んだらどうですか?

とまあ、こんな感じで大体のパチンコ屋は休業要請を真摯に受け止めているようです。でも、その状況を逆手にとって普段以上の利益を得ている最初の店は気に入らないですね。まあ、この店もいつ潰れてもおかしくないような店なんで必死なのかもしれませんけどね。
最後の店は・・・そっとしといてあげましょう。


にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です