マルハンのやり方が読めねぇ!

どうも。参四郎です。

先日、夜中までパチスロ打ってさ。腹が減ったので飯食おうと思って車を走らせたんですけど・・・食い物屋がどこもやってねぇ(悲)。
蔓延防止等重点措置のお陰でファミレスもラーメン屋も吉野家も軒並み閉店。街は真っ暗で閑散としていました。仕方がないので車の中でコンビニ飯。ホントにね。いつになったら元の世界に戻るんでしょうね。みんなウンザリしてると思うけどね。個人的にはコロナとかどうでもよくなってきとるんですけど。

1月26日(水)
6の付く日なのでがちゃぽんに行こうと思ってたんですけど・・・出発が遅れて抽選に間に合うかどうか微妙な時間になってしまった。で、急遽予定を変更してマルハンへ。マルハンと言えば「7の付く日」なんですけど、最近はがちゃぽんに対抗して6の付く日にも力を入れているとのこと。実際にデータを見ても明らかにがちゃぽんより強いんですよね。なので今回は6の付く日のマルハンがどれ程のものかっていうのを身を持って体験しようと思います。

59番。抽選参加者は100人以下。まあ平常営業よりは多いんですけど、そこまででもない。なんやかんやで客はがちゃぽんに流れているものと思われる。まだそこまで「6の付く日にマルハンが力を入れてる」ってことが客に伝わってないんだろうな。自分もそこまでは期待してないし。

で、入店してとりあえずマイジャグ5を確保して打ち始めたんですけど・・・これが全体的にすこぶる弱い。「少なくとも高設定は絶対に存在しない」と判断し、500ゲームも回さずに台を捨てた。結果的にこの判断は正解だったようで、夜になった頃には見事にクソ過ぎるデータが出揃っておりました。まあ全滅とは言わんけど、私の見積もりではシマの中に推定設定4が1台、3が3台、残りは1か2って感じかな。一応BIGを2回引いていたのでプラスの状態で移動。

マイジャグ5を捨てて暫し徘徊した結果、マイジャグ3に少しありそうな台(1,200ゲームでBIG:3のREG6)を発見したので触ってみると・・・これがまずまずの挙動。「さすがに高設定とは言えないけど4はあるかな?」って感じ。でも打ち続けている内にやっぱり弱くなってきたので捨てちゃった。同程度の挙動の台が複数あるし「設定3を多用しているのだろう」って判断した訳。だってさ。マイジャグの設定4って一日打ったら2万くらいは勝てる計算じゃないですか。さすがにそんな台をバンバン入れる訳がないと思った訳。撤去も近いしさ。だから捨てた。

結果的にはこの判断は大間違いで・・・マジで設定4をバンバン入れとった!
夜になってデータを見たらさ。ボーナス合算が1/130前後の台がゴロゴロしてるんですよ。そして推定設定5と思しき台が3台くらい。これ、マイジャグ3(30台以上設置)のシマは余裕で赤字だよ。そこら辺のショボいパチ屋ではこんなマネようせんぞ。大したモンだよ。

でもさ。いくら期待値があると分かっていても、推定設定4のマイジャグを打ち切るって結構しんどいし勇気がいるよね。設定4程度だと結構きつい瞬間が多々訪れますからね。打ち切れない人が多い。実際、今回も結構客が入れ替わってた。
「高設定だと思って粘ったら4だった」ってパターンならいいのよ。でも「これは3なのか4なのか?」ってレベルの台を追い掛けるのはリスクがあるんですよね。下手すりゃ「只のクソ台の上振れでした」ってパターンも余裕であり得るし。

結論を言うと6の付く日のマルハンはかなり甘かったね。がちゃぽんを蹴って行くだけの価値はある。でもやり方が読みきれねぇ!もう少し経験を積んだら見えてくるものがあるのかな?
収支:−470枚

それではまた。


にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です