BURRN!に色々教わりました

絶賛自粛中!参四郎です。

緊急事態宣言を重く受け止め?今日は一日家で過ごしました。
ギターを弾いたり部屋を片付けたり。YouTubeの動画撮影をしようかと思いましたが、最近ギターを触ってなかったので鈍り気味。今日は練習に徹することにしました。で、部屋を片付けていたら昔の雑誌が出てきまして・・・

へヴィーメタル専門誌の「BURRN!」。
1996年の3月号。私が15才の時ですね。初めて買ったBURRN!です。

私は小中学生の頃、ハロウィンとかメタリカ等のへヴィーメタルバンドが大好きだったんですね。その当時はまだネットも普及してなかったし、こういったメタルの専門誌があることも知らなかったんですけど、15歳の時、本屋でたまたま見掛けまして。「あ!ハロウィンだ!」って感じ速攻で買いました。
ハロウィンが目的で買った訳ですけど、その他の記事も面白かったし自分の知らないバンドのことも知ることができて、そこから聴く音楽の幅が広がっていきました。それ以来20才頃までは毎号欠かさずに買ってましたね。今は全く読んでませんけど。

BURRN!名物のレコードレヴュー。
全然他のバンドのことを知らなかった私は、このレコードレヴューを参考に色々とCDを買ってました。「今月のピックアップアルバム」はハロウィンの「タイム・オブ・ジ・オウス」。BURRN!のレヴューは辛口で有名ですが、なんと編集者全員がこのアルバムに90点台を付けております。確かにこのアルバムは完璧だったな。
っていうか、このアルバム以外にもセパルトゥラの「ルーツ」とか、ウリ・ジョン・ロートの「天空伝説」とか凄いアルバムが目白押しですね。ホントに良い時代だったな。

さらに上記の写真で注目してもらいたいのが右下の目玉のジャケット。なんとアネクドテンの「ニュークリアス」が紹介されています。このバンドは90年代のプログレッシヴ・ロックの最高峰と言えるくらいのバンドなんですよ。
今は知らないけど、この頃のBURRN!って結構プログレ系の作品も紹介されてました。このアルバムのレヴューは伊藤政則さんが担当していて結構厳しめの評価(好きだからこそ)をされていますが、90年代のプログレの最高傑作と言っても過言ではない超名盤なので、音楽が好きな人は是非とも聴いてみてください。そこら辺のメタルバンドよりも全然破壊力がありますよ。

ただ、このアネクドテンのアルバムはディスクユニオンから発売されていて、当時普通のCD屋には置いてなかったんですよね。実際に私が手に入れたのは20才を超えてから。もし15才当時にこのアルバムを聴いていたら、それこそひっくり返るくらいの強い衝撃を受けたんだろうな。


にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です