鹿児島の醤油は甘くてクソ不味い!

お疲れ様です。参四郎です。

今日、入所者の家族さんが豆腐を差し入れてくれたので、昼休憩の時にみんなで食べたんですよ。お皿に取り分けて醤油をかけて食べたんですけど・・・何?これ。甘ったるくてクソ不味いんですけど。最初、豆腐が甘いのかと思ったんですけど、どうやら甘いのは醤油のようです。

これが問題の醤油。鹿児島県の坪水醸造とかいうメーカーのモノです。裏面を見てみると・・・

バッチリ砂糖やら甘味料が入っとる!
なぜ醤油を甘くする必要があるのか。調理上必要であれば砂糖を足せばよいではないか。なぜ最初から甘くするのか。ていうかこの醤油、サッカリンとか入ってるんですけど、これって体に良くないんじゃなかったっけ?

同僚の話によると、鹿児島では醤油は甘いのが基本とのこと。いや、そんなのおかしいって。こんな甘ったるい醤油を豆腐とか刺身にかけたら台なしですわ。鹿児島の人間は味覚が狂っとる!マルチョンラーメンは旨いけど。
「参四郎さんもこの味に慣れていかないとね」なんて言われたけど・・・その必要はないですね。断固としてお断りです(笑)。地域によって色々あるんでしょうけど、料理は関西風が一番だと思いますよ。割と真剣に。

ちなみに・・・

今夜は一応ケーキ食っときました。
べ・・・別に寂しくないよ。

それではまた。


にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です