鹿児島の田舎に引っ越して来て一年が経ちました

どうも。参四郎です。

早いもので関西から鹿児島に引っ越して来て一年が経ちました。
当初に思い描いていた生活ができているかと問われれば「?」な部分も多々ありますが、とりあえずは慣れたしハマれた方かなと思っています。ていうか最近はイントネーションがモロに鹿児島風に訛ってきている(汗)。まあこれは意図的に周りに合わせている部分もあるんですけどね。その方がコミュニケーションが取りやすいので。

去年の今頃は猛烈に暑くて毎日頭痛がしていたんですけど、今年の暑さは今の所それ程でもないです。家では扇風機だけで凌げています。多分札幌の方が暑いんじゃないかな(笑)。子供の頃、夏場は関西より鹿児島の方が過ごしやすかった記憶があります。そして冬場は極端な冷え込みはないと(去年は異常に寒かったけど)。今の所、桜島の火山灰の影響を受けたこともないし、台風や水害を除けば鹿児島は意外と気候に恵まれているのかもしれない。

移住した当初はクソ暑い中ひたすら畑の草刈りをしてたな。子供の背丈ほどある雑草を刈るのも大変なんですけど、刈った後の片付けも超大変だったな。しかも直ぐに伸びてくるっていう。1円も生み出さない重労働を繰り返す日々に「何をやってるんだ俺は?」なんて思ったりしたこともあったけど・・・

その甲斐あって今年はささやかながら作物を植えることができた。まあ手を入れ続けないと直ぐに元通りになっちゃうんですけどね。来年は畑全面を使って作物をつくる・・・っていうのが今の所の目標かな。

正直な所、この地を終の棲家とするかどうかはまだ分からない。なんやかんやで街が恋しかったりはする。でも少なくとも数年はここに留まって、田舎暮らしの長所と短所を味わい尽くそうと思っています。
まあ・・・あまり気負わずにボチボチやりますよ。

それではまた。


にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です