関西人としての誇り

どうも。参四郎です。

鹿児島に引っ越してきてもうすぐ2か月になるんですけど、鹿児島の人って明らかに言葉が訛っていて、標準語とはかけ離れたイントネーションなんですよ。かけ離れ過ぎて時々何を言ってるのか分からない時があります。

私は関西出身ですけど、別にコテコテの関西弁を使う訳ではないんですね。それでも他の人には直ぐに分かるようで、今の職場では初日から「参四郎さんは大阪の人ですか?」なんて言われました。

前に鹿児島名物のマルチョンラーメンを食べに行った時の事。私の前の客がモヤシを大盛りにしてもらっていたので店員に「モヤシ大盛りに出来るんですか?」って聞いたんですよ。そしたら50円アップになるとのことだったので「そうなんや、じゃあいいですわ」って言ったら・・・周りの客みんなこっち見とるし!そんなに関西弁が珍しいか!あぁん?
まあコロナウイルスの感染拡大を受けて、よそ者に対してピリピリしてる部分もあったかも知れないですけど、それにしたってジロジロ見過ぎやろ。鹿児島県民ってよそ者を受け付けない感じなんですかね。それとも田舎だからか?

とにかく私は関西人としての誇りを忘れず、このまま関西弁で押し通したいと思っています。鹿児島で暮らしはするけど鹿児島弁には合わせんよ!

それではまた。


にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です