遂に旧基準機完全撤去!これからがホントの地獄の始まりか?

どうも。参四郎です。

遂に来たね。この時が。
2022年1月31日をもって5号機パチスロ、CRパチンコ機の設置期限が切れました。私が足繁く通っている某マルハンは31日は店休日となっていました。この日に大掛かりな台の入替えを行うのは必定。日付が変わって直ぐにPワールドで某マルハンのページを確認すると・・・パチスロ60台、パチンコ70台、計130台の入替え!
低めに見積もっても台の購入費は5,000万円以上。この莫大な費用を最終的に支払うのは・・・客なんですけどね。俺は絶対に払わんからな!

とにかく気になるのはジャグラーコーナー。マルハンにはマイジャグ3、初代ファンキー、スーミラの3機種、合計30台以上が設置されたままでしたから。
「マイジャグ5は現状少な過ぎるから最低でも15台以上は追加するんじゃないか。あとファンキー2も必要だしな」なんて考えていたんですけど、フタを開けてみると・・・マイジャグ5が4台増台されたのみ。マジかよ!

まさかのジャグラー大幅減台。これでは全く足りてない。勿論店としても不本意な結果なんだろうけどさ。対するがちゃぽんはというと、ジャグラーの設置を減らすことなく、マイジャグ5、ファンキー2、アイジャグの大量確保に成功。圧倒的な差が付いてしまった。今のパチスロでマトモに客が付くのってジャグラーしかないですからね。マジでマルハンの客ががちゃぽんに流れかねんよ。

そういった状況を踏まえて、2月1日はマルハンに抽選から参加。並びは150人以上。7の付く日よりも多かった。で、その日も抽選に恵まれ16番で入店し(写真どっか行った)、マイジャグ5を確保して打ち始めたんですけど見事にクソ台挙動。その後、REG先行のアイジャグに踊らされ(推定設定3)、−1,880枚で爆死(涙)。まあ大金はたいて130台も新台を買ったんだから簡単にはお祭りにできんわな。
因みに以前までマイジャグ4が大量に設置されていたシマは訳の分からんクソ台バラエティーコーナーに変貌しており、完全に死にジマと化していました。やっぱりジャグラーを確保できないっていうのは致命的なのよ。

でもまあ、ここのマルハンにだけでなく、日本全国のパチ屋で大掛かりな新台入替が行われたんだろうな。そしてそれをする体力のないパチ屋は淘汰されると。それとさ。6号機のジャグラーって低設定域の出率が甘いから5号機ジャグラーの頃よりも平均設定が下がるのが確実視されてる。これまで以上に慎重な立ち回りが要求されることになる。「稼ぐ」って観点からすると全く割に合わんね(笑)。

閉塞感漂いまくりのパチンコ業界(パチンコ以外もそうだけど)が、新基準機完全移行を機にどのように変化するのか。少なくともジャグラーファンは6号機に適応できているように見えるが。とにかく今月は慎重に状況を見ていきたいと思います。

それではまた。


にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です