誰もウクライナを救えないじゃないか!

どうも。参四郎です。

YouTubeでロシアによるウクライナへの軍事侵攻のニュースばかり観てる。
現時点(2月25日の22:00)では、ロシア軍が首都キエフに到達したと報道されてる。これが日本での出来事だったらと思うとゾッとする。ていうかホントに今、数十年の日本の姿を見ているのかもしれない。

欧米諸国はロシアを非難し、制裁を行う旨を表明しているが・・・そんなモノではプーチン氏は止められない。ウクライナに加勢してロシアと戦うような国は現れない。そりゃそうだよね。そんなことしたらマジで世界大戦に発展しかねない。プーチン氏は核すらチラつかせて脅してますからね。
多分近日中にウクライナのゼレンスキー大統領は拘束されて幽閉されるか殺されちゃうんだろう。そして我々は強制的に親露政権が樹立されるのを傍観するしかないんだろう。結局、誰もウクライナを救うことが出来なかった。核保有国による無法な行為の前に国際社会が無力であることが証明されてしまった。

台湾有事の話なんかでさ。専門家が「米軍が介入するのに時間を要するので・・・」みたいなことを言ってたんですけど・・・アメリカ来ないかもよ?下手すりゃ日本がやられても来ないかもよ?
今回の事件を踏まえて日本は国防について真剣に考え直さないといけないと思う。大山倍達氏の言う「力なき正義は無力なり」っていうのは真理だよ。

暗いことばっかり書いてるけどさ。実際暗いんだから仕方がない。暗黒時代の幕開けだよ。

それではまた。


にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です