親父からの手紙

どうも。参四郎です。

関西から鹿児島に引っ越して来て早1年とチョイ。引っ越した当初は親父から週1ペースで電話が掛かってきていたんですけど・・・もう半年以上電話が掛かって来ない。アレかな。私がウザそうに対応するから拗ねちゃったのかな(笑)。

で、そんなこともすっかり忘れて日々の生活を送っていたんですけど、先日親父から手紙が届きました。「要件があるなら電話しろや」って思ったんですけど、元々仲が悪くて口をきけばケンカになることも多々あるので、手紙でのやり取りの方が私たち親子には合っているのかもしれない。以下に手紙の内容を一部紹介します。

○○(現在の勤務先)から電話がありました。週5日勤務から週3日勤務になり、社会保険が受けられなくなり、生活に支障が出るので心配しているとのこと。やりたいことがあるのであれば週4日は勤務してほしいとのことであった。その辺のことについてどう考えているのか、お知らせください。

私が知らない間に理事長(または奥さん)から親父に電話が行っていたらしい。これだから親戚の法人は(汗)。
社会保険に関して言うと、週3日勤務になったことで厚生年金や法人の健康保険の対象外となった。でも当然、国民年金や国民健康保険に加入してる訳で、「社会保険が受けられない」っていうのはちょっと違う。自営業者は皆そうな訳で。将来の年金額が不安な人は「国民年金基金」なんかで上乗せすればいいですし。まあどっちにしろ将来的に年金制度はかなりヤバいことになると思うが。
週4日勤務に関しては・・・お断りだな(笑)。こっちとしては理事長のメンツを潰さないために在籍しているようなものなので。最低限度でしか働きたくない(笑)。

畑はどうなっていますか?野菜等を作っているのですか?

うん。サツマイモを。来年は規模を拡大してやってみようと思っている。今度写真を送ってやるか。ボーボーの草を全て刈って耕して、サツマイモの収穫に漕ぎつけるまでの一連の写真を。

元々はこんな状態だったんだから。

次に私の方ですが、またしても膀胱結石ができて入院することになりました。連帯保証人として記入しますので、ご了承ください。

またですか。前回入院したのは確か私が前の仕事を辞めた直後だったかな。ウチの親父は病院が大嫌いだからあの時はビビりまくってたな(笑)。入院期間はホンの数日なのに「お前!別にやることないだろ!毎日顔出せ!」とか言って。まあ連帯保証人の件に関しては心配しとらんよ。奴は結構貯め込んでると思うので。

この手紙の返事は手紙かハガキでお願いします。

面倒くせぇな(笑)。親父はインターネットとは全く無縁の生活を送っているので仕方がないか。っていうか電話でもいいでしょうに。まあ今度、畑の写真と一緒に送ってやるか。

そんな訳で・・・手紙書きます。多分親父は納得しないだろうけど(笑)。

それではまた。


にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です