街に活気が戻らない

どうも。参四郎です。

地域の緊急事態宣言が解除されて10日程経とうとしていますが、今だ街に活気が感じられないような気がします。

最近は地域のパチ屋をハシゴして状況をチェックする日が多いです。
この前までは一台置きに電源を落とす店が殆どだったんですけど、今日見た限りでは全ての店が全台稼働できる状態になっていました。ただ、各台の間にはアクリルボードが設置されていました。とりあえずパチ屋は休業前と同じ状態に戻った訳です。

今日は土曜日ってことで、それなりにパチ屋も賑わうのではないかと思っていたのですが、まあどこも稼働の低いこと。
地域で一番の○ハンなんて土日は朝からフル稼働に近い状態になるのが普通だったんですけどね。夕方に見に行ったんですけど店内はガラガラ。設定状況が悪いっていうのもありますけど、それにしても客が少な過ぎます。3割稼働ってとこですかね。
○ハンがそんな状況なのだから他の店も当然のようにガラガラ。その原因はハッキリとは分からないですけど、やっぱりみんな経済的に余裕がないってことなんでしょうかね。あとは自粛期間が長引いてライトユーザーのパチンコ離れが進んだか、4月からの店内全面禁煙化も影響しているのか・・・などと色々考えてみたりして。
因みに私は遊技台でタバコが吸えないことについては慣れちゃいましたね。お陰でタバコの本数が減りました。昔はパチ屋に一日居ると1箱では足りなかったので。

車で走っていても土曜日の昼間にしては交通量が少ないように感じるし、飲食店の駐車場にもあまり車が入ってないように思いました。やっぱり簡単には世の中元に戻らないようです。


にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です