船でハシャぐ親父

お疲れ様です。参四郎です。
只今船に乗っているのですが、前回と違って意外と通信状況が良いのでブログを更新することにしました。

PM4:00 大阪南港のフェリー乗り場にて。今年の春に鹿児島から船に乗った時は非接触型の体温計で熱を測ったんですけど、今回はサーモグラフィーを導入していました。で、サーモグラフィー上では私の体温は37.8℃らしく、「いやこれ、ちょっとマズいでしょ」みたいな感じで係員に引き留められ、普通の体温計で測り直させられました。結果は37.0℃。ただ単に長時間車を運転して熱がこもっただけだと思うんですけどね。時期が時期だけに神経質になるのは仕方がないですけど、係員のリアクションに若干イライラしました。ていうかサーモグラフィーの精度低過ぎなんじゃないですか?
とりあえず無事に乗船手続きを済ませました。

さんふらわあ船内の客室にて。
前回に一人で乗った時は個室だったんですけど、親父が極度のケチな為、今回は一番安い雑魚寝部屋です。一応カーテンも付いていますがプライベートもクソもあったもんじゃないです。そして一人一人のスペースが狭い。親父自らこの部屋を希望していたのに「もうちょっと広く造ればいいのに」などと文句を垂れております。

こんな感じです。ちなみに足元にはカーテンがないので丸見えです。

コロナの心配もあるし親父にはジッとしていてもらいたい所ですが、嬉しそうに船内を徘徊していました。「船が港を出る時、クルッと回転していたぞ」とか、「昔、イルカとかトビウオを見たことがある」とか、「早起きして日の出を見なくては!」って感じでハシャいでおります。
まあ、気持ちは分かりますけどね。数十年振りに船に乗った訳ですから。「たぶん船に乗るのはこれが最後になるだろうから」なんて言われると・・・掛ける言葉がないです。

明日鹿児島に着いたら、先ず親父が執着している冷蔵庫を買いに行く予定です。

それではまた。


にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です