秋を感じさせるもの

どうも。参四郎です。

春は気だるい、夏はクソ暑い、冬は寒い。
何だかんだで秋が一番好きですね。鹿児島に来た当初の地獄のような暑さは嘘のように治まり、過ごし易い日々が続いています。今年は残暑らしきものが殆どなく、秋の深まりが早いように感じます。少し前までは寝る時は寝袋の上にTシャツとパンツ姿で寝転がっていたんですけど、最近は寝袋に入って寝るようになりました。これがまた心地よい。多分冬が来ても毛布一枚足すくらいで対応できるんじゃないかと思っています。

本日はAM9:00出勤。いつも出勤前に畑や庭の様子を見て回るのが日課になってるんですけど・・・

肥料作製マシーンに蓋が付いていました。多分、昨日私が仕事で家を空けている間に親戚のYさんが取り付けて行ったんだと思います。わざわざ有難うございます。最近は草刈りをしていると畑に無数のトンボが飛び交っています。
さらに庭を見て回ると・・・

柿がなっとる。
今更気付いたんですけど、庭に柿の木が生えているようです。でも多分渋柿じゃないかな。子供の頃、渋柿をかじって泣きそうになった記憶があるので実際に食べるのは少し怖いです。今度の休みにでも勇気を出して食べてみようかな。

で、職場に到着すると玄関の前に・・・

彼岸花が活けてありました。写真が近すぎてアレですけど、全体像を捉えようとすると色々と余計なものが写り込んでしまうので、これでご勘弁を。
赤、オレンジ、黄色のグラデーション。風流ですな。彼岸花って赤が基本だと思うんですけど、色々と種類があるんですね。仕事で車を走らせていると白とかピンクの彼岸花を見掛けたりもします。意図的にそういうのを作ってるんですかね。

これから晩秋に掛けて・・・厳しい冬が始まる直前の絶望的な雰囲気がたまらなく好きだったりします。やっぱり秋が一番いいわ。

それではまた。


にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です