田舎特有の恐怖

どうも。参四郎です。

市街地なんかでも時折道路で車にひかれた動物の死骸を見掛けることがあると思います。グシャグシャになて道路を赤黒く染め上げる。そこにカラスが飛んできて死体を啄んだりする訳ですよ。ホントに恐ろしい光景です。
・・・そういった光景をですね。こちらでは毎日のように見掛けるんですよ!ホントに毎日のように!

何せこちらは野生動物の宝庫ですからね。以前にイノシシが集団で道路を爆走しているのを見掛けたこともあります。そんな状況ですから車と動物の接触は不可避。私は過去に車で動物をひいたことはないですけど、いずれはその時が来るかもしれない。

そんな感じで毎日のように目にする動物の死骸ですけど、数時間後には処理されてるんですよね。朝の通勤時にあった死骸が帰りには無くなっている。一日以上放置されていたことはまずないです。恐らく誰かがしかるべき所に電話をし、しかるべき人(多分自治体の職員)が処理しているのだと思われます。過酷なお仕事ご苦労様です。ホントに感謝しかないですよ。

その辺のことが気になったのでネットで調べてみたんですけど、道路上で落下物や動物の死骸等を見掛けた場合は「#9910(道路緊急ダイヤル)」に電話すると良いそうです。ここに電話すればその道路の管理者に連絡がいくそうですよ。面倒ですけど、死骸を避けるために対向車線にはみ出して事故の原因になったりしますからね。でもみんな忙しいよな。朝なんか特に。

まあとにかく周囲の状況に注意して安全運転に努めますよ。

それではまた。


にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です