生存競争?食物連鎖?農業には敵が多過ぎる!

どうも。参四郎です。

いやー、暑いっすね。
車の運転時、未だにエアコンを使用せずに窓を開けて走っていますがそろそろ限界かもしれん(笑)。お陰で燃費は良いです。リッター20km以上はいける計算。さすがは軽。前の車はリッター7kmくらいしか走らないポンコツスポーツカーでしたからね(笑)。あの車のまま鹿児島に来ていたらヤバかったな。
それにしてもガソリン高過ぎです。この前給油したらリッター162円だった(汗)。ちょっと前までニュースで「原油に値段が付かない」みたいなことを言っていたような気がするんですけどね。田舎暮らしに車は必須。何とか価格が落ち着いてくれないものか。

それはそうと畑のサツマイモですが・・・

見ての通り、穴だけ空いて何も植わっていない所があります。これは植え付け初期の段階で根元から折れてしまったからなんですよね。なぜ根元から折れてしまうのか。原因は未だに不明。苗の生存率は今の所7割ですね。そしてこの被害が中々収まらないんですよね。

昨日も折れてしまった苗を発見。折角順調に育っていたのに根元からポッキリ。こんな風になってしまったらさすがにもうダメだろう。悔し過ぎる!

折れた苗をよく見てみると直ぐ近くに白い鳥の羽らしきものを発見。鳥にやられているのか?
そういえば昔、職場にマリーゴールドを植えた際、鳥に葉っぱをついばまれて葉脈だけになってしまってたな。ホントに鳥やら虫やら病気やら敵が多過ぎる。まあ鳥かどうかは分からんけど、その辺の所も色々調べてみよう。

ホントにね。「収穫までに何割生き残るか」って感じですよ。全滅も余裕であり得る。まあ今年はお試しでやっている訳ですし、色んな問題を経験しながら対策を考え、来年に繋げていけたらと思っています。

それではまた。


にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です