炎に包まれる畑

どうも。参四郎です。

以前の記事にも書きましたが、農業公社に畑を耕してもらうっことになってまして(日程は未だ未定)、今日はその準備を行いました。畑の方は草刈りも終わってるし大体仕上がってるんですけど、最終調整ってことで。

先ずは畑の入り口の調整。木の枝を払って入り口を少し拡張しました。農業公社の人の話では、使用するトラクターの幅は240cmとのこと。歩幅で適当に計測して(家にメジャーがなかった)確認。多分行けるでしょ。

続いて畑のゴミ拾い。草刈りをしながら畑の片隅に集めていたものを家の庭の方に運びました。波板、ペットボトル、お菓子の袋、ビニール袋など。風で飛ばされてきたのか不法投棄なのか知らんけど大変迷惑です。特に割れた波板なんかは結構危険なんですよね。長年放置されていたとはいえ、これらのゴミを自分で処分しなきゃならんっていうのは納得いかんですね。

で、昼食を食べて午後から軽く草刈りをしていたら・・・向かいの家のMさんが様子を見に来たので軽く雑談。

私「今度、農業公社に畑を耕してもらうんですよ」
Mさん「そうなんだ、じゃあ、あそこに積み上げてる大量の草木なんかも全部焼いてしまおうよ、手伝うからさ」

・・・アレは一応「堆肥用」として取ってあるんだけどな。確かにあんなに大量には要らないし処分するつもりではいるけど、今日はそのつもりではないんだけどな・・・なんて考えていると・・・

Mさんは早速積み上げた草木をブチ撒けて火を付けちゃいました。一気に燃え広がって煙が濛々と立ち込めます。
やっちまったものは仕方がない。速攻で洗濯物を取り入れて(臭くなるので)作業開始。ご近所の皆さんゴメンナサイ。

4時間ひたすら燃やしまくってようやく終了。結局午後からの時間をまるまる畑作業に費やしてしまった。でもまあ、焼いて良かったかな。草を積み上げてる所は耕せない訳だし、どうせやってもらうなら広く耕した方が良いに決まってる。結構スッキリしたな。

そんな感じで一日を終えました。折角なので、後日トラクターが入る前にもう少し手を入れておこうと思います。

それではまた。


にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です