早朝出勤は絶望的な気分になる?

どうも。参四郎です。

私が24才から27才までの3年間、高校に通っていたことは以前の記事にも書きました。定時制高校に2年、通信制高校に1年。
その頃私はスーパーの水産コーナーでバイトしていたんですけど、AM7:00から勤務が始まるので毎日AM4:30に起床していましたね。AM4:30に起きて菓子パンかじって整容を済ませてAM5:20分くらいに家を出発。真っ暗な道を黙々と歩いてAM5:50くらいに駅に到着。で、駅のトイレでコーヒーと煙草を吸いながら💩するのが日課でしたね。
「お前は最低の野郎だ!」って言われても仕方がないんですけど、当時の私にとってはそれが唯一の楽しみだった訳です。ホントにそれしかなかった。

で、仕事を終えたらPM5:30から学校が始まって、終わるのがPM8:30。夜道をトボトボ歩いて家に着いたら速攻で飯食ってシャワー浴びて、PM10:30までには就寝。そしてまた次の日AM4:30に起きると。ひたすらその繰り返し。
辛かったですね。「いつまでこんな生活をすればいいんだ?」って思ってましたよ。でも、その生活を3年間続けて無事に高校を卒業した時は人間的に少し成長したような気がしました。
・・・気のせいかな(笑)

現在の職場で早朝出勤もするようになって、そんな昔の記憶が蘇った訳です。早出の時はAM4:00に起床してAM5:00頃に家を出るんですけど、やっぱりそんな時間から出勤するのは良い気分ではないですね。ただ、あの頃と違って今は車での移動。精神的には大分違いがあります。真冬の早朝、真っ暗な道を震えながら歩いているとホントに絶望的な気分になるっていうか。

今の職場は暇過ぎて時間の経過が極端に遅く感じるのが辛いんですけど、早朝は結構やることが多いので自分に合ってるような気がしました。AM6:00からPM0:00まで一気にガーッと働いてお昼休憩。午後からあと2時間働けば仕事から解放されると。うん。悪くないような気がする。まあ「早く仕事を辞めたい」って気持ちに変わりはないですけどね(笑)。

それではまた。


にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です