悲報!トイレのドアを開けられる!

どうも。参四郎です。

人によって程度の差はあると思いますが、誰でもうっかり忘れちゃうことってありますよね。
前にも書いたんですけど、最近トイレの電気を消し忘れることが多々あったんですよね。夜、仕事から帰ってきたら外から明かりが点いてるのが見えて「あぁ、また忘れたか」って感じで。なので最近は出掛ける前に結構念入りに電気の確認をしています。まだ電気の消し忘れ程度ならいいですけど、これがストーブなんかになると結構危ないですよね。現在ストーブを導入するか迷っていますが、そういったことを踏まえると自分には向いてないような気がします。「あぁ、ストーブちゃんと消したやろか?」って感じで、外出先で気が気じゃなくなるかもしれないですしね。

あと多いのはズボンのチャックの閉め忘れ。パチ屋でトイレに行った後とか多かったかな。「早く続きを打ちたい」って気持ちで焦っているのかもしれませんね。トイレを出て自分の台に着席。ふと視線を下ろすとチャックが開いている訳です。直ぐにチャックを上げたいんですけど、周りに客が居る時に股間付近を弄るのは恥ずかしい。なので、とりあえず上着で隠して隙を見サッと上げる訳ですな。うん。書いてて我ながら恥ずかしい。

・・・といった話を踏まえて本題。
私は出勤前にコンビニでコーヒーを買って飲みながら車を走らせるのが日課なんですよ。昨日も当然のように朝コンビニに行ったんですけど、大がしたくなったのでトイレに入ったんですよ。で、ズボンとパンツを下ろして便座に腰掛けてスマホを見ながらのんびりと用を足していたら・・・いきなり「ガラガラッ」って勢いよく店員のおばちゃんにトイレのドアを開けられちゃいました。
なんてことだ!絶体絶命?

店員:「ごめんなさい!ノックすればよかった!」
と言って素早くドアを閉め、店員のおばちゃんは去って行きました。
・・・いや、私が悪い。ドアのカギが外から見て青色になっていれば「誰も入っていない」と思って当然。おばちゃんには悪いことしたな。

「おばちゃんと顔を会わせ辛いな」なんて思いながらトイレを出ると・・・おばちゃんの姿は見当たらず。気を使ってくれているのでしょうか。「これ幸い」ってことで、何もなかったかの様にいつも通りコーヒーを購入し、店を後にしたのでした。

おばちゃんには悪いことしたな。とにかく大恥を掻いた訳ですけど、ドアを開けたのが一般客じゃなかっただけマシかな。これからはトイレの際もカギを閉めたか確認することにしますよ。
え?認知症?・・・違いますよ(汗)。

それではまた。


にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です