恐怖のコロナワクチン接種2回目受けました

どうも。参四郎です。

今日は仕事は休みでしたが、コロナワクチン接種の2回目を受けるためAM10:00に職場に顔を出しました。
ああ嫌だ。実は職場では先発組が3日前に2回目の接種を受けたんですけど、3名の職員が発熱。中には体温が40℃に達した人もいて、「天井がグルグルと回っていた」なんて証言していましたよ。
その一方で利用者(70~90代)はと言えば・・・何も起こらなかった。発熱はおろか腕の痛みを訴える者さえ殆どいない。この結果から考えると「副反応は若年層に出易く、高齢者は出難い」ってことが言える・・・のかな?少なくともウチの職場ではそういう結果になりました。

で、本日のAM10:00過ぎに私も2回目のワクチン接種を受けました。前回は右腕、今回は左腕(医師の指示)。それから約13時間が経過しましたが、今の所体調面での変化はないですよ。
ああ良かった。でも左腕がメッチャ痛い。1回目の時もそうだったけど、それ以上に痛い気がする。一切左腕を動かしたくないレベルです。私は車を運転する時は基本的に左手でハンドルを握ることが多いんですけど(右手でタバコやコーヒーを飲む為)、左腕が痛いのでハンドルに手を添える程度しかできない。さすがにこの状態では畑仕事は無理だし、遊びに行く気にもなれない。痛みが続くようなら明日は家で過ごすしかないな。

ちなみにワクチン接種後、職場からカロナールを2錠手渡されました。「発熱があった場合は服用して下さい、発熱を含め副反応があった場合は詳細を報告書にまとめて提出して下さい」だって。
・・・完全に実験台じゃねぇか!仮に副反応が出たとしても何もなかったことにしますよ。何でしんどい思いをした上に報告書まで書かんといかんのだ。そんな面倒なことやっとれんよ。

それではまた。


にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です