実は飛蚊症です

どうも。参四郎です。

別に隠すようなことでもないので一応言っておきますと・・・私は飛蚊症です。左目のみね。

飛蚊症って名称から大体察しが付くと思うんですけど、視界に小さな黒い影や糸クズのようなものがチラつく訳です。原因は色々とあるようですが、私の場合は加齢によるものだろうとのことでした。
眼球の中には硝子体というゼリー状の液体が入っているのですが、加齢によって硝子体が変質し、網膜から剥がれるそうです(硝子体剥離)。その剥がれた硝子体が眼球内を浮遊し、影となって見えるのが飛蚊症ってことだそうです。

私が飛蚊症になったのは・・・5~6年前のことだったと思います。
その日は日課のサービス残業をしており(笑)、PCで事務作業をしていたんですけど、突然大きな黒い影が視界に入ってビックリした訳です。最初「疲れてるのか?」と思い、何度も瞬きしたり目を擦ってみたりしたんですけど全く影が消えない!
「俺の目はどうなってしまったんだ?」って感じでビビりながら帰宅。「一晩休めば元に戻ってるかも」なんて淡い期待を抱きながら就寝。

で、次の日目を覚ました訳ですが当然の様に症状は改善なし。居ても立ってもおられず速攻で眼科を受診。色々と検査してもらったんですが特に異常なし。で、医者から「飛蚊症ですね、加齢によるものでしょう、その内慣れますから」って言われただけで、特に処置も薬もなく帰された訳です。

「は?慣れる訳ねぇだろ!めっちゃデカい影がチラついとんねんぞ!ふざけんな!何とかしろ!」って思っていたんですけど・・・時の経過と共に大きな影は消失し、今では小さな糸クズのような影が一つだけチラつくのみとなっています。全く気にならないってことはないですが日常生活に支障はないし、普段は結構忘れていることの方が多いですね。

飛蚊症っていきなり始まるのでかなりビビると思うんですけど、とりあえず焦らずに眼科に行きましょう。結構ヤバい病気で起こることもあるそうなので。で、原因に特に問題がなければ、その状態を受け入れるしかない。最初の内は煩わしくて仕方がないと思いますが、意外と慣れちゃうものです。程度の差はあるでしょうけど、私の場合は完全慣れちゃいました。

それではまた。


にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です