地方に未来はあるのか

どうも。参四郎です。

鹿児島滞在3日目。
今日はどこにも遊びに行かず、ひたすら草刈りをしていました。

やっぱり綺麗に刈り込むと印象が全然違うな。
だって到着時はこんな状態だった訳で。

草刈りのコツも分かってきました。最初、長く伸びた草をいきなり根元から刈っていたんですけど、それだと草刈り機の刃に長い草が巻き込んで回転が止まってしまってたんですよ。で、巻き込んだ草を取り除くために作業が中断していた訳です。ですので長く伸びてしまった草を刈るときは上の方から刈り払っていった方が良いですよ。え?そんなことみんな知ってる?

で、刈り終えた草を畑にまとめて置いておこうと思って畑の草も少し刈ったんですけど、やってる内に夢中になって・・・

結構刈ってしまった。
これでもまだ1/3刈り終わったくらいですけど。中途半端な状態で帰る訳にもいかないので、こうなったら腹決めて全部刈ってやりますよ!
でも数か月したら元の草ボウボウ状態に戻るんだろうな。

そうこうしている内に時刻は既にPM4:30に。夕食は少しマトモな物を食べたいと思い、スーパーまで車を走らせました。街まで結構走らなくてはなりません。車かバイクがないとマトモに買い物も出来ませんよ。しかも港が近いため大型車両が猛スピードでビュンビュン走っています。原付バイク程度では恐ろしい目に遭うと思います。

マップで調べて来たスーパー。夕方ってスーパーが一番混雑する時間帯だと思うんですけど車の入りはまばら。店内も活気が感じられません。

買い物を済ませ、家に帰って夕食。
鹿児島県産のカンパチ刺身。元々300円って安いな。しかも旨い。やっぱ海が近いと違うのかな。あとは寿司。スーパーの寿司って基本的にシャリが冷え固まって不味いんですけど、この店のシャリは意外とふっくらしていて旨かったです。

昨日、今日と市街地を見て来たんですけど全然活気が感じられないです。活気があったのはマルチョンラーメン本店くらいじゃないかな。潰れた飲食店やスーパー、パチンコ屋の建物がそのまま残っていて退廃的な雰囲気が漂っています。個人的にはそういう雰囲気が大好きなんですけど、このまま順当に行けば「いずれこの街は消え去るのではないか」って思ってしまいます。
ここはまだ港があるから何とかなっていると思うんですけど、何もない地域はこれからドンドン消え去って行くんじゃないですかね。人口が減少して都市部に人が集まって、地方では生活がままならなくなって無人の野と化す。その地域に根差した文化や風習なんかも全て消えてなくなる。そこには国力が著しく低下した日本がある。そういう未来が直ぐそこまで来ているじゃないですかね。

にほんブログ村 その他日記ブログへ


にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です