国際秩序崩壊の危機?

どうも。参四郎です。

1月29日に新型コロナウイルスに関する記事を書きました。
その中で日本政府の対応について批判し、国内での感染拡大とならないように祈るといった形で締め括りましたが・・・大方の予想通り日本各地で感染者が報告されていますね。医療従事者や学校の児童、教員、福祉施設の関係者等、爆発的な感染拡大が懸念される事案が多数報告されています。にも拘わらず政府の対応は未だに鈍く、危機感に欠けるように思います。
まあ私自身、こういう状況にもかかわらずパチンコ屋に行ったりしてましたけどね。パチンコこそ不要不急の外出の筆頭みたいなもんですしね。

国内でマスクが不足していて問題になっていますが、正直マスクなんて気休め程度にしかならんですよね。目の粘膜からも感染するらしいですし。ホントに感染を防ごうと思ったらゴーグルとか防護服でフル装備する必要があるでしょうし、一般人にはそんなの無理ですよ。
これから本格的な流行になりそうです。そうなれば病院はパンクしてパニックになるだろうし、経済的な損失も計り知れないものになるでしょう。YouTubeでオリンピックのCMとか見ると「何言ってんだよ」って思いますね。

コロナウイルスとは別に、アフリカではサバクトビバッタが大量発生し、深刻な食糧不足が懸念されてますよね。バッタの大群は現在中国の国境付近まで移動しているとのことですが、もし今中国にバッタが入ったらホントにヤバいことになるのでは?

考え過ぎかもしれないですけど「私たち人類はとんでもない危機に直面しているのではないか」なんて思ってしまうんですよ。新型コロナウイルスの世界的な流行、バッタによる食糧危機。これらが引き金となって世界は暗黒の時代に突入するのではないかなんてね。誰だって我が身が可愛いし、自国最優先となれば戦争だって起こりかねないのではないかと思うんですけど。

このような状況で私たち個人が出来るとこなんてしれてますけど、それなりの覚悟はしておく必要があるんじゃないですかね。そうならないことを心から祈っていますが。

にほんブログ村 その他日記ブログへ


にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です