協調性はありません?

どうも。参四郎です。

社会不適合者と言えば協調性のなさが特徴ですかね。
自分では協調性がある程度あると思っているんですけど・・・周りからしたら全然無いようなんですね。おかしいな。

幼稚園時代のこと。
幼稚園でみんなで積み木をして遊んでいたのに、私はそれに参加せず別のことをして遊んでいたんですね。で、先生から私の親にその話が伝わったようで、母親から「なぜみんなと一緒に遊ばないのか」と問い詰められた記憶があります。「なぜ」って言われても・・・単に積み木をしたくなかったんでしょうね。「自分は興味がないけど周りがしているから自分もそれに合わせる」ってことは確かに苦手かもしれないですね。
「自分がやりたいと思うことだけやる」っていうのは、現在の私のコンセプトなんですよね。パチスロ然り、ブログも然り。サラリーマンを辞めたのは「それを自分はしたくない」ってことです。

でも小中学校時代に周りとツルまずに孤立していたかと言えばそうではなく、普通に友達と遊んでましたけどね。特に中学時代はみんなでバンドしたり悪さしたりしてとても楽しかったですよ。「バンド」にしろ「悪さ」にしろ、当時の自分がやりたかったことですし、それを目一杯やっていたからこそ毎日が充実していたんだと思います。

そもそも「協調」とか言うけど、みんな当たり障りのない態度でヘラヘラしてるだけの薄っぺらな人間関係であることが多いですよね。そんなもんくだらんよ。協調できないからこそ世界中で争いが絶えない訳で・・・それがリアルですよ。

にほんブログ村 その他日記ブログへ


にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です