人生の危機は何度かあった

どうも。参四郎です。

過去を振り返ると「人生の危機」ってやつは何度かありました。危機の種類にも色々とありますが、私の場合は単純にパンク(お金が尽きること)の危機です。

若い頃は就労が不安定でしたからね。ロクな稼ぎもないのにパチンコとかしてたら当然金欠になりますよね。今でこそメビウス(タバコ)を好きなだけ吸えますが、昔は金がなかったので家中の小銭をかき集めて「エコー」とか「わかば」といった安物タバコを買っていた時期もありました。これが不味いんですよね(笑)。

金がないので売れそうなものは片っ端から売りましたね。CDとかマンガとかエフェクターとかビックリマンとか(笑)。CDはブックオフに売りに行ってたんですけど、洋楽のヘヴィロック系とか大御所のプログレ系(キング・クリムゾンとかピンク・フロイドとか)のCDは結構マトモな値段で買い取ってくれました。
でも、物を売って多少の小銭を得ても根本的な解決にはならないんですよね。金が尽きればまた「何か売れるものはないか」って感じで金策で頭が一杯。人間、金がないとマトモな思考ができなくなるので注意が必要です。

20代の後半頃はクレジットカードをフル活用してました。昔のバイト先で無理矢理作らされたカードを限度額一杯(といっても15万でしたが)まで。リボ払いにしてたんですけど、ホントに全然返済が終わらないですよ(笑)。因みにこの借金はスロットで一括返済しました。
そういう経験があるので「どのような形であれ借金は絶対にしない」と心に決めております。今でもカードは使いますけど、絶対に一回払い。現在乗ってる車も現金一括払い。個人の借金に「良い借金」なんてモノはないんですよ。たとえ住宅ローンであってもね。欲しいモノがあっても簡単に借金せずに、お金を貯めて一撃で支払いましょう。

とにかく、もう二度とあの頃のような気持ちは味わいたくないですよ。

それではまた。


にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です