二転三転する転勤話

どうも。参四郎です。

転勤の話がややこしいことになってます。

先ず、11月30日の時点で副理事長(理事長の奥さん)から元の職場に戻るように言われ、承諾した訳です。
ところが、法人のコロナ対策で「県外の家族と接触した職員は1週間自宅待機せよ」って方針になって、年末年始の人員不足が予想される為、転勤が延期になったのが12月5日の話。ちなみにこの話は現在の職場の管理者の女性から聞かされました。
しかし本日、元の職場の主任から「転勤に関して参四郎さんの考えを聞かせてほしい」ってことで携帯に電話が掛かってきました。
どういうこと?

話によると、現在の職場の管理者が副理事長に「参四郎さんはここで働きたいと言っている」って電話で話したとのこと。で、副理事長は元の職場の主任に私の真意を確認するように指示したってことらしいです。

「ここで働きたい」なんて一言も言ってませんけど(笑)。でもまあ理由は何にせよ、現在の職場の管理者が私を留まらせたいって気持ちがあるようで、そういうのは素直に嬉しいですよ。「え?参四郎さんを異動?どうぞどうぞ!」って感じだったらちょっと凹みますよね。

結局、元の職場の主任には「自分は上の言う通りに動くだけなんで、どこでも構わないですから」と伝えておきました。まあ正直言うと元の職場は年末年始は休みになるので戻りたいって言えば戻りたいですね(笑)。

出来れば正月くらいゆっくりしたいですよね。

それではまた。


にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です