リーマン生活は人の思考を停止させる

どうも。参四郎です。

早いものでサラリーマンに復帰して5か月が経過しようとしています。当初はもっと早くに辞めるつもりでいたんですけどね。仕事を辞めるってなんやかんやで気力を振り絞らないといけないんですよね。

つくづく思うんですけど、サラリーマンって思考停止に陥りやすいですよね。日々の生活に追われてじっくりと物事を考えることができなくなるっていうか。まあ個人差はあるでしょうけど。

私の場合、仕事から帰ってくると「とにかくゆっくりしたい」ってなるんですよね。仕事で疲れた体と精神を休ませたいっていう。・・・みんな同じか(笑)。
人によっては帰りに飲みに行ったりパチ屋に行ったりして仕事の憂さ晴らしをしたりすることでしょう。でも、パチ屋に行けば基本的に負けて更にストレスを溜め込むことになるでしょうし、酒を飲んで一時的に嫌なことを忘れたとしても根本的な解決にはならない。仕事と憂さ晴らしの繰り返しで物事をじっくりと考えることがなくなっていくと。

私の場合、仕事を終えて帰宅後に何をするかっていうと・・・YouTube観ながら飯食ってる。時間に少し余裕があればゲームをすることもある。で、風呂入ってとっとと寝たいところですが、何とか気力を振り絞ってブログを更新するって感じですね。ひたすらその繰り返し。「何時、どのタイミングで退職を切り出すか」とか、退職後の生活のこととか、深く考えないといけないことがいっぱいあるんですけど、それをする気力が残ってなかったりします。
で、休日は休日で日頃の憂さ晴らしに当てたくなると。でも何をしていても常に明日の仕事のことが頭にチラついて、ホントの意味ではリラックスできなかったりしますよね。人によっては休日でも仕事の連絡が来たり、持ち帰った仕事に取り組んだりしてることでしょう。

そんな風に日々過ごしている内にどんどん月日が経過し、いつの間にか老いさらばえてるって感じかな。立ち止まってゆっくり考えるってとても大事なことだと思うんですけどね。

それではまた。


にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です