マンガについて大いに語る

こんばんは。参四郎です。

前回の記事でも書いたように、著作権問題を解決するため自分で絵を描いているところです。
小学生の頃はマンガ家になりたくて稚拙な絵を一生懸命描いてましたね。小学校の5年生頃に音楽の方に興味が移ってからは全然描かなくなりましたけど。とにかくマンガには相当うるさい男です。

で、最近のマンガで興味のある作品はというと・・・全くないです!
たまにコンビニや床屋に行った時にマンガ雑誌をパラパラと眺めたりするんですけど全然興味が湧かないです。何ていうか個性がないですよね。

音楽で言うとイングヴェイ・マルムスティーンというロックギタリストがいます。この人は80年代に圧倒的な速弾きとクラッシック音楽への傾倒で、それまでのギターの常識を覆した天才ギタリストです。
今の時代、彼より技術のあるギタリストなんて掃いて捨てる程いるんですけど、彼より個性的なギタリストなんて一人もいないと思いますよ。それだけ個性が強いというか・・・聴いたら一発で分かるんですよね。「このプレイはイングヴェイだ!」ってね。
だからマンガ界でもそれくらい個性の強いマンガ家が出てきてほしいなと思うんですよ。今のマンガはツマランです。

という訳で今日もお絵描きしてました。その内の一枚を紹介。「パチンコにのめり込むオジサン」ってことで。うん。今日も良い仕事したな。

また今後、私が好きなマンガ家についてもお話ししたいと思います。

にほんブログ村 その他日記ブログへ


にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です