パチンコは遊技です

どうも。参四郎です。

えー。日本におきましては競馬、競輪などの公営ギャンブルを除き、賭博は違法となっております。
「じゃあ、なんで民間企業が運営するパチンコ店が日本全国いたる所で堂々と営業しているんだ!おかしいじゃないか!」と思う方もいるかもしれません。今回はその辺りの事情を知らない方のために、パチンコの換金システムについて簡単にお話ししたいと思います。

まず客がパチンコをして玉を出します。止める際は店員を呼んで玉を計数機に流してもらい「何玉出た」と記載されたレシートをもらいます。で、客はそのレシートを店のカウンターに持って行きます。ここで店員がレシートと引き換えに現金を渡すと違法となってしまいます。ですので現金の代わりに「特殊景品」という物を客に渡します。で、客はその特殊景品を店の近くにある景品交換所に持って行き、買い取ってもらう訳です。


つまりパチンコ店と景品交換所は関係がなく、「客がパチンコで得た景品を勝手に売っている」ということになります。客は特殊景品を景品交換所に売り、景品交換所は買い取った景品を景品問屋に引き取ってもらい、パチンコ店は景品問屋から特殊景品を仕入れる。同じ景品がグルグル回るこの仕組みを三店方式といいます。分かりましたか?

「そんなフザけた理屈があるか!脱法行為じゃないか!」と思われるかもしれませんが、警察庁の見解は「ただちに違法とは言えない」というものだそうです。

そもそもパチンコには換金がなかったんですよね。それが反社会的勢力の方々が客から景品を買い取るようになったのがパチンコの換金の始まりです。で、そういった方々を排除するために始まったのが三店方式ということです。

「三店方式が違法」となれば恐らくパチンコ業界は壊滅的なダメージを受けることでしょう。また「カジノと共にパチンコの換金を合法化してはどうか」という話もあるようですが・・・どんな形であれ庶民の娯楽を奪うようなことはしないで頂きたいものです。頑張れパチンコ!

にほんブログ村 その他日記ブログへ


にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です