パチンコに天井が付くらしい

どうも。参四郎です。

なんか聞くところによるとパチンコに天井が付くらしいですね。規定回数ハマることで発動するらしいです。といっても「当たりが確定」ではなくて時短が発動するらしいです。時短回数には上限があって確率分母の3.8倍までって事らしいです。まあほぼ当たるでしょうけどね。でもこれってどうなんやろか。

確かにこれによって若者がパチンコに興味を持つでしょうけど、それは天井狙いのハイエナ野郎が増えるだけですよね。それって一般の打ち手からしたら鬱陶しいことこの上ないですよ。
あと個人的に心配なのは、これまで適度に遊んでいた年配客が天井を意識することで、これまで以上にお金を使うのではないかってことです。スロットの天井も「射幸心を煽る」って指摘されていたんですけどね。ホントどうなってるんでしょうね。この業界は。
多分台の電源を切っただけでは内部的なハマリ回数はリセットされないと思われますが、恐らく店側は全台ラムクリアするでしょうね。ホント今日びのパチンコ店は「朝一、期待値が最も低い状態にする」ってことを徹底してますからね。

早ければゴールデンウィーク頃には天井付きパチンコが導入されるとのことですが・・・私はこの件については否定的です。潜伏確変もそうだけど、何も知らない年配客や初心者が損をする仕組みは止めた方が良いと思います。スロットはそういう方向で良いと思いますけどね。

にほんブログ村 その他日記ブログへ


にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です