タバコを栽培してはいけません?

どうも。タバコくらいしか楽しみがない参四郎です。

つい最近知ったんですけど、10月1日からタバコが20~50円ほど値上がりしたそうですね。
私はいつもタバコはカートンで買うので、実はタバコの値段を正確に把握していなかったりします。紙巻きタバコと加熱式タバコを1カートンずつ買って大体1万円。だから「大体一箱500円くらい」って認識です。ただでさえ高過ぎるのにまた値上げって。タバコばっかり虐めるな!

度重なるタバコ増税、値上げにうんざりしている私は、以前に「一層のこと、自分でタバコを栽培してやろうか」などと考えた時期がありました。で、色々と調べていたんですけど・・・どうやら色々と問題があるみたいなんですよね。

どうやらタバコの種子は基本的にJT(日本たばこ産業)が独占的に管理していて、それをタバコ農家に渡し、出来上がったタバコの葉は全部JTが買い取るって仕組みらしいです。
ただ、タバコの栽培自体は法律で禁止されている訳ではなく、それを吸える状態、すなわちタバコを製造できるのは日本ではJTだけってことみたいですね。
つまり「栽培するのはOKだけど、それを勝手に吸うと違法」ってことらしいです。
うーん。タバコを栽培しても吸えないって言うんじゃ意味ないやんけ。折角畑もあるのにな。でもまあ、自分で吸うのは諦めてタバコ農家になるっていうのも面白いかもしれませんね。出来たタバコの葉は全部JTが買い取るって言うし。難しくなければ検討してみる価値はあるかも。

でもね。あんまりタバコを増税して高級品にしてしまうと「闇タバコ」みたいなものが出回って反社会勢力の方々の収入源になっちゃうんじゃないかなーって思うんですけど。ならんか。

それではまた。


にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です