ジャグラーを熱く語る親戚のおじさん

どうも。参四郎です。

転勤前の職場にNさんというオジサンが居たんですよ。聞いた話によると、この人も私の遠い親戚にあたるそうです。年齢は60代で既に年金を貰っており、小遣い稼ぎにデイサービスの送迎を担当しています。送迎専門の人って朝の迎えが終ると夕方の送りまで時間が空く訳です。なのでNさんはその空き時間を利用してパチ屋に出向き、日々ジャグラーを打ち散らかしてるって訳ですな(笑)。
私が前の職場に居た頃はNさんと一緒に送迎に出ることが多々あったので、それなりに気心の知れた関係になりました。

で、昨日パチ屋併設の食堂でNさんとバッタリ出くわしたので、一緒に飯を食いながら色々と話をしました。

Nさん「おう、今日仕事休みか?」
私「はい」
Nさん「前の職場と今の職場、どっちがしんどい?」
私「いやまあ・・・それぞれ違った大変さがありますからね」
Nさん「いや、お前んトコは楽だよ、ウチの方が大変だよ」

・・・なんかこういう話をすると「ウチの方が大変」って言う人多くないですか?・・・ていうかNさん転勤とかないやんけ(笑)。

Nさん「新しいジャグラー(6号機アイジャグ)は打ったか?」
私「はい、何回か触りましたけど意外とイイですね、あれならイケそうです」
Nさん「いや、アレはダメだよ、枚数も少ないし全然連チャンしないんだよ!」

・・・それはNさんが低設定ばっかり触っているからなのでは?6号機のアイジャグも低設定はえげつないほど吸い込みますからね。

私「でも設定さえ入れば十分やれると思うんですけど」
Nさん「あのな、朝一直ぐに掛かって連チャンする台は高設定なんだよ、でも朝一90ゲームくらいから連チャンが始まることもあるから注意が必要なんだよ」

私「へぇ、そうなんですか!」

・・・そんな簡単なら苦労しねえよ(笑)・・・なんてことは言える筈もなく、Nさんの理論に耳を傾けていました。こういうオジサンが居るうちはパチ屋もなんとかなりそうだな。

Nさん「じゃ、先に行くわ」
私「はい、頑張って下さい」
Nさん「もう頑張れないよ(涙)」

どうやらNさんは朝からジャグラーを打ち散らかして結構な負債を抱えたらしく、現在は1パチを打っているとのこと。
・・・なんか可哀そうになってきた。

私はと言うと、状況の悪さに手こずったものの何とか「推定設定3」のマイジャグ3に有り付き、どうにか+250枚でフィニッシュ。何気に4連勝であります。
今の私は「いい加減高設定使えや!」みたいなことは言わない。「せめて設定3くらいは使って遊ばせてね」って感じでパチスロと付き合っています。

それではまた。


にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です