ジャグラーでブドウは数えるべきか

お疲れ様です。参四郎です。

パチスロには子役の当選率に設定差が設けられている台が多数あり、ジャグラーもボーナス確率以外にブドウやチェリーの出現率に設定差がある訳です。「そんなこと知ってるわ!」って方が大半だと思うんですけど、今回はその辺りのことについてお話ししたいと思います。

私も10年くらい前までは子役カウンターを使ってブドウを数えてました。当時はアイムジャグラーをメインに立ち回っていたんですけど、「アイジャグの設定6なんてそうそう存在しない」ってことが徐々に分かるようになってきまして。それが分かってからは「設定5以上あれば打ち切る」というスタイルになり、以降ブドウは数えていません。
アイジャグのブドウ確率は設定1~5で1/6.49、設定6で1/6.18と、6だけ優遇されている訳ですが、こんな小さな設定差ですから少し回したくらいでは全然分からないし、なんなら終日回した所でよく分からないことも多々ある訳です。
私の周りでもブドウを数える打ち手は結構いるのですが、まともに勝っていると思われる奴は皆無ですね。なんかちょっと打って子役カウンター見て首をかしげて台移動する奴とかいるんですけど、そんな打ち方では何も分らないし勝てる筈がないんですよね。結局ガリぞうさんがよく言われる「目の前の数字よりも根拠」ってことなんですよね。

結論を言うと「ブドウを数えるのは結構だが、それを過信してはいけない」ってところですかね。「この台出ないけどブドウが良いから・・・」みたいな理由で粘るのは危ないと思いますよ。押し引きの判断材料の1つとして使っていったら良いんじゃないかと思います。

にほんブログ村 その他日記ブログへ


にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です