エディ・ヴァン・ヘイレン死去

お疲れ様です。参四郎です。

YouTubeでTVニュースを観て知ったんですけど、ロックギタリストのエドワード・ヴァン・ヘイレンが亡くなったそうですね。私個人としては特に思い入れのあるギタリストではないんですけど(て言うかマトモにヴァン・ヘイレンの曲を聴いた試しがない)、ギターをやってる人でその名を知らない人はいないくらいに有名ですからね。

ニュースの中で「ライトハンド奏法で大きな影響を与えた」って紹介されていました。まあ実際、エディの登場前からタッピングを行うギタリストは居た訳ですけど、世に広く知らしめたのはエディってことなんでしょうね。言うなればイングヴェイの登場前から速弾きギタリストは存在していたけど、イングヴェイの登場によってロックギター奏法の常識が一変したって事と同じ感じかな。

エディレベルのギタリストの死であれば日本のニュース番組で報じられても全然不思議ではないですけど、ロックとか洋楽を全然聴かない人からしたら「誰?」って感じなんですかね。
そう言えば元パンテラダイムバック・ダレルが死んだ時も日本のニュースで報じられていましたね。エディ以上に「誰やねん!」って人が多いんでしょうけど、あれはライブ中に銃撃されるっていうショッキングな事件でしたからね。そういう事件性がなかったら日本のニュースでは取り上げられなかったかもしれないですね。
余談ですがマイク・ポートノイリキッド・テンション・エクスぺリメントを立ち上げる際に最初に考えていたメンバーは、ギターにダイムバック・ダレル、ベースにビリー・シーン、キーボードにイェンス・ヨハンソンだったそうです。それってメッチャ面白そうじゃないですか。そっちの方が聴きたかったな。

・・・かなり話が脱線してしまいましたが、偉大なミュージシャンが亡くなっていくのは仕方がないですけど寂しいですね。アラン・ホールズワースとかパコ・デ・ルシアとか、私が強く影響を受けたギタリストも既にこの世にはいない。そして私自身、もう若くはない。

それではまた。


にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です