ちぎり絵って楽しいですよ

どうも。参四郎です。

現在私が勤務している老人ホームは医療法人の運営っていうこともあってか、リハビリに力を入れています。90代の利用者が多い中、日曜日以外は毎日リハビリ。こういう生活を続けていると利用者間で同調圧力が生じ、「私も頑張ってるんだからあなたもやりなさい!」みたいな感じで無理の出来ない利用者にリハビリを強要しようとしたりします。「みんなそれぞれ置かれている状況が違うから・・・」と説明しても中々理解されないんですよね。理事長も「寝たきりを作らない!」みたいなことを強調してましたからね。
老いさらばえて体が思うように動かなくなっても周りから「ちゃんとリハビリやれ!」とか言われる生活。自分はそんな老後は嫌だな。

とにかく毎日がリハビリで「余暇の充実」的な面が極端に弱い施設なんですけど、日曜日のみリハビリから解放される訳です。で、最近は日曜日を利用して私が総指揮を務めるちぎり絵作りをやっています。

以前に描いたラフスケッチ。これを基に・・・

こんな感じで制作中です。
ちぎり絵とかマトモに作るのは初めてですけど、素朴な味わいがあって良いですね。テーブルを囲んでみんなでペタペタ貼り付けています。色の濃淡とか付けたら良いんでしょうけど限られた資材しかないので。なんか個人的に拘って作品を作りたい気持ちになりましたよ。まあ当分そんな余裕はないですけど。

また完成したらブログに上げたいと思います。

それではまた。


にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です